【画像】山口智子の2022現在は若い時より老けた?ほぼ60代の年齢には見えない!

1990年代に高視聴率を何度も叩き出し、「連ドラクイーン」や「高視聴率の女王」と呼ばれていた女優の山口智子さん。

テレビで見かけない日はないくらいドラマに引っ張りだこだった山口智子さんも現在は57歳。(2022年4月時点)

最近は以前のようにドラマに出演する機会は減っているので、山口智子さんの現在の姿が気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回この記事では・・・

山口智子さんの現在の姿は老けてしまったのか?

についてまとめていきます。

早速ですが、本題に入っていきましょう!

スポンサーリンク
目次

【2022】山口智子の現在は若い時より老けた?

一部で山口智子さんが「老けた」という声がありました。

果たして、本当に山口智子さんの現在は老けたのでしょうか?

年代ごとに若い時から現在までの姿を時系列で比較してみましょう。

20代前半

20代前半で若い時の山口智子

山口智子さんが女優デビューしたのは、今から30年以上前の1988年。

NHK連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」が山口智子さんのデビュー作です。

当時まだ24歳ということで、とても若々しくてかわいい…!

山口智子さんと同世代であれば、若い時の彼女の姿と重ねて、当時の素敵な思い出がよみがえった方もいるかもしれませんね!

20代後半

20代後半で若い時の山口智子

こちらは1993年にTBS系列で放送された「ダブル・キッチン」。

野際陽子さんとの嫁姑バトルを見せる、二世帯住宅を舞台に描かれたホームコメディで、山口智子さんの代表作の1つです。

20代の若い時の山口智子を比較

どちらも20代の山口智子さんですが、デビュー当時の姿と比較すると、役柄もあると思いますが雰囲気が違って大人っぽい女性になった印象を受けますよね。

30代

30代の若い時の山口智子

1996年にフジテレビの月9ドラマで放送され、木村拓哉さんとのダブル主演を務めた「ロングバケーション」。

「月曜日はOLが街から消える」と言われたり、このドラマの影響でピアノを習い始める男性が増えるなど、「ロンバケ現象」なる社会現象を巻き起こした名作です。

90年代は「連ドラクイーン」や「高視聴率の女王」と呼ばれていただけあって、その当時もすごくお綺麗ですよね!

スポンサーリンク

40代

40代の若い時の山口智子

2008年に上映された「崖の上のポニョ」で声優を務め、舞台挨拶の時の山口智子さんです。

当時の年齢は44歳ですが、その頃の山口智子さんの顔を見てみると少し痩せていたようにも思います。

ですが、40代の頃も老けたような印象を受けませんよね!

50代

50代の若い時の山口智子

2015年にフジテレビ系で放送された「心がポキッとね」の制作発表の時の姿です。

当時の年齢は51歳ですが、微塵もアラフィフには見えないほどの美貌を保たれていますよね!

きっと世の女性は、50代になっても美しい山口智子さんに憧れている方は多いと思います。

現在と若い頃を比較

2022年現在の山口智子さんの画像は見当たらなかったのですが、以下の動画を発見しました。

同じ事務所(研音 – KEN ON)に所属する、俳優の山崎育三郎さんとドライブで会話をしている動画です。

山口智子さんにとってYouTubeはこちらが初ということで、テレビでは見れない貴重な動画になっています。

山口智子の若い時と現在を比較

残念ながらマスクをつけていて顔全体は見れないのですが、30代、40代の頃と比較していかがでしょうか。

昔から山口智子さんのことを知る方であれば、やはり1990年代に全盛期だった若い時のイメージが強く印象に残っていると思うので、現在の姿と比較すると老けたように感じてしまうかもしれません。

ですが、山口智子さんは現在もお綺麗であることに間違いはないですよね!

スポンサーリンク

山口智子がほぼ60代の年齢には見えない

現在、山口智子さんの年齢は57歳(2022年4月時点)ということで、もうすぐで60代に突入…!

世間一般では、60代になれば孫がいても不思議ではない年代なので、そう考えると山口智子さんは現在も若々しいですし、お綺麗ですよね!

これからも女優として、またドラマや映画で活躍される姿が楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる