知床観光船KAZU1(カズワン)の乗客名簿の名前・年齢の一覧まとめ

北海道の知床半島沖で乗客26人が乗った観光船KAZU1(カズワン)とが遭難してしまった事故。

現在も海上保安庁による捜索が続いている状態です。

今回は、知床観光船の乗客名簿についてまとめました。

スポンサーリンク
目次

【随時更新】知床観光船KAZU1(カズワン)の乗客名簿の名前・年齢の一覧

知床観光船のKAZU1(カズワン)に乗っていた乗客26人の名簿ですが、船長と甲板員の名前と年齢は公表されており、残り24人の乗客については明らかになっていませんでした。

ちなみにですが、船長と甲板員の名前と年齢は以下になります。

海上保安庁によりますと、観光船には船長の豊田徳幸さん(54)と甲板員の曽山聖さん(27)、子ども2人を含む計26人が乗っていて、救助要請後には救命胴衣を着用していたということです。

引用元:STV NEWS

船長の豊田徳幸さんについて詳しい記事はこちら↓

名簿には代表者の名前しか記録されていない?

過去に知床の観光船に乗ったことがある人の情報によると、「名前を記入した記憶がない」「代表者だけの名前登録」といった声があります。

昔、知床の遊覧船に乗ったことがある。小さな会社の小さな船だった。チケットは買ったが名前を書いた記憶はない。今回行方不明の方々の名前が全く報道されていないが、乗客名簿が無いからなのだろう。何とか一人でも多く救出されてほしい。

引用元:Twitter

知床観光船事故の乗客名簿って ちゃんとあるんでしょうか? 1月に流氷見たくて他社乗船した際 代表者だけの名前登録でした。

引用元:Twitter
知床観光船KAZU1(カズワン)の乗客名簿
出典:Twitter

全員の名簿はないようですが、少なくとも登録した代表者の名前については記録が残っていると思われます。

毎日新聞によると、名前は公表していないものの、佐賀県有田町の75歳男性が乗客していた可能性があると報じていました。

佐賀県有田町の男性(75)が観光船に乗船していた可能性があることが分かった。

引用元:毎日新聞

読売新聞では、7歳の男の子と3歳の女の子が乗客していたとの情報があるようです。

関係者の話では、子ども2人は、7歳男児と3歳女児との情報がある。

引用元:読売新聞

地元斜里町の幹部によると、乗客名簿には9都道府県の13グループが含まれていたことを発表しています。

町幹部によると、居住地は、道内では北見市、江別市、幕別町の記載があり、このほか福島、千葉、東京、岐阜、大阪、兵庫、香川、福岡の各都府県の記載があった。道外の都府県に関しては市町村名は明らかにしなかった。

引用元:KYODO

国土交通省の発表では、乗客の年齢は10歳未満〜70歳代とのことです。

国土交通省は、観光船の乗客24人について、年齢は10歳未満から70歳代で、居住地は北海道から九州地方までの9つの都道府県であることを明らかにしました。

引用元:NHK

引き続き、乗客の名簿に関する情報が入りましたら、追記していきます。

スポンサーリンク

知床観光船の事故で発見された乗客の状況

第1管区海上保安本部は29日、亡くなった14人のうち観光船の乗客として身元が確認された4人の氏名を明らかにしました。

兵庫県小野市の竹川好信さん(66)。
兵庫県小野市の竹川生子さん(62)。
岐阜県多治見市の瀬川由美さん(51)。
福岡県筑後市の伊藤嘉通さん(51)。

以上、4人の方々です。

引用元:NHK

4月29日の15時現在、これまでに14人が発見されました。

しかし、14人全員の命は救われなかったとのことです…

このニュースを見たときは、とても胸が痛くなりました。

非常に悲しく、残念でなりません。

ご冥福をお祈りします。

現在も捜索は続いており、残りの乗客も無事に発見されることを祈るばかりです。

注目されている記事はこちら↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる