桂田精一社長の父親が桂田鉄三である理由3つ!元斜里町議会議員で神社の神主!

しれとこ村の社長を務める桂田精一社長

桂田精一社長の父親は「桂田鉄三」さんではないかと噂されています。

そこで、今回この記事では・・・

桂田精一社長の父親が桂田鉄三さんだと言える理由

についてまとめてみました。

早速ですが、見ていきましょう。

スポンサーリンク
目次

桂田精一社長の父親が桂田鉄三である3つの理由

桂田精一社長の父親が桂田鉄三さんと噂されていますが、2人が親子である可能性が高い理由が3つあります。

  1. 後援会としれとこ村の住所が一致
  2. しれとこ村の会長は神社の神主
  3. 観光船のKAZU1とKAZU3は親子の名前

後援会のしれとこ村の住所が一致

現在、桂田精一社長はしれとこ村の社長を務めていますが、元々は有名百貨店で個展を開くほどの陶芸家でした。

しれとこ村の桂田社長は、陶芸家で、東京のデパートで何回も個展を行なっていた。ホテルのアッチこっちに陶器が置かれていて違和感があった。3歳から、絵を描いていた。突然、ホテル経営を任されたから経営はど素人です。感性が良いから、結果が出る。観光船と浅橋は、社長になってから買い取った。

引用元:Twitter

こちらは、株式会社武蔵野の社長である小山昇さんのTwitterに投稿されていたものです。

上記にも書いてあるように、桂田精一社長は元陶芸家であり、突然ホテル経営を任されたとのことです。

なぜ、急に陶芸家から他の事業に移ったのかというと、しれとこ村を経営していた父親が跡継ぎとして息子に任したというのが理由のようです。

ただ、父親だと噂される桂田鉄三さんが会長だったという確かな情報は見つかっていません。

しかし、桂田鉄三さんは2019年まで斜里町議会議員としても活動しており、当時の後援会の住所としれとこ村の所在地が一致していることが判明しました。

かつらだ後援会の住所
出典:道政アトラス
しれとこ村の住所
出典:しれとこ村HP

このように、後援会の事務所としれとこ村の所在地の住所が一致していることが分かりますよね。

住所が同じであることから、桂田精一社長の父親は桂田鉄三さんである可能性は高く、また鉄三さんはしれとこ村の会長であることも考えられます。

しれとこ村の会長は神社の神主

2つ目に桂田精一社長の父親が桂田鉄三さんだと言えるのが、しれとこ村の会長が知床遠音別神社で神主を務めているという情報があるからです。

知床遠音別神社の神主
出典:知床うまいぜ

また、北海道新聞の記事を見てみると、「遠音別神社の桂田鉄三宮司が神事を執り行い」と、名前が一致していることが確認できます。

出典:北海道新聞

宮司の名前が同姓同名であることから、桂田鉄三さんは遠音別神社の神主であり、そしてしれとこ村の会長である可能性は非常に高く、桂田精一社長とは親子関係であると考えられます。

観光船のKAZU1とKAZU3は親子の名前

桂田精一社長はしれとこ村の他にも複数の事業をされており、その1つとして「知床遊覧船」というのがあります。

その知床遊覧船が所有する観光船に「KAZU1」と「KAZU3」という名前の2隻の船舶があるのですが、その由来は桂田精一社長と父親と噂される桂田鉄三さんではないかと考えられます。

KAZU1の「1」は、桂田精一社長の「一」。KAZU3の「3」は、桂田鉄三さんの「三」ではないでしょうか。

また、KAZUというのは「桂田」の「桂」かもしれませんね。

あと、KAZU1の後に2ではなく「3」が来ているので、桂田精一社長の父親は桂田鉄三さんである可能性は高いと思われます。

こちらの注目記事もどうぞ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる