城桧吏(約束のネバーランド・レイ役)が演技下手な3つの理由!アフレコが原因だった!

「万引き家族」で高い演技力の評価を得て、一気に知名度を上げた俳優の城桧吏さん。

そんな城桧吏さんですが、映画「約束のネバーランド」の実写版でレイ役を務めた城桧吏さんが演じた際、

「レイ役の城桧吏って、なんか演技が下手じゃない?」

とTwitterで多くの声があがっていました。

なぜ、レイ役を務めた城桧吏さんの演技がそこまで下手と言われてしまったのでしょうか?

そこで今回この記事では、

  • レイ役を務めた城桧吏さんの演技が下手な理由3つ
  • 約束のネバーランド以外の出演作品の評価

主にこの2つに着目してお届けしていきます。

リサーチしたところ、ある原因によって城桧吏さんの演技が下手につながってしまったことが分かったので、早速ですが見ていきましょう!

スポンサーリンク
目次

城桧吏(約束のネバーランド・レイ役)が演技下手な3つの理由

「約束のネバーランド」でレイ役を務めた城桧吏さんの演技が下手と言われてしまった理由は3つあります。

  1. セリフが棒読み
  2. 滑舌が悪い
  3. アフレコで全て撮り直し

それでは、上から順に詳しく見ていきましょう。

セリフが棒読み

セリフが棒読みのように聞こえたことから、演技が下手だと感じてしまった人がいるようです。

たしかに棒読みだと素人っぽさが出てしまいますし、特に複数で話してるシーンで周りが演技力の高い人たちだと尚更1人だけが浮いてしまって、それを見てる側としては違和感を覚えますよね。

しかし、城桧吏さんが棒読みっぽいセリフになってしまったのは、レイのクールなキャラクターを意識しすぎたのかもしれないという声もあります。

ひょっとしたら、強キャラでクールなレイを意識しすぎてセリフが棒読みのようになってしまったのかもしれませんね。

滑舌が悪い

他にも「滑舌が良くない」という声が多くあり、その理由から演技が下手と言われています。

やはり役者として滑舌は大事ですし、見る側としてもうまく聞き取れないと演技が下手と感じてしまうのは仕方ないようにも思います。

アフレコで全て撮り直し

どうやら撮影時に城桧吏さんは声変わりして、撮影後にアフレコで全て撮り直したようです。

アフレコで撮り直したことで、城桧吏さんの演技に違和感につながってしまったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

城桧吏が出演した作品の評価

約束のネバーランドのレイ役では、城桧吏さんの演技力は下手だという声が目立っていますが、他の出演作品ではどうなのでしょうか?

https://twitter.com/Boy_Actors/status/1037674344783044608

他の出演作品では、このように「演技がうまい」という声が多くあり、城桧吏さんの演技力の評価は高いことがわかりますよね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「約束のネバーランド」の実写版でレイ役を務めた城桧吏さんの演技力が下手と言われる理由についてお届けしてきました。

城桧吏さんの演技力が下手と言われる理由は以下の通りでした。

  1. セリフが棒読み
  2. 滑舌が悪い
  3. アフレコで全て撮り直し

この3つの理由から、城桧吏さんの演技力は下手だと言われています。

しかし、他の出演作品では城桧吏さんの演技力は高い評価だったので、レイ役のキャラクターの雰囲気だったり、アフレコで全て撮り直したことなどが下手につながる原因になったのだと思います。

城桧吏さんはまだお若いですし、これからも俳優としてさらに腕を磨かれて活躍していくと思うので、その姿を期待して応援していきたいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる